口周りやあごの繰り返すニキビにアプローチして、

ニキビを改善、繰り返しにくい肌を作り上げる

ニキビケアコスメ「メルライン」。

 

メルラインとルフィーナはどちらの方がニキビに

効果的なのでしょうか?

 

成分やデメリットを比較してみました!

 

 

メルラインとルフィーナはどっちがいいの?

メルライン

メルラインの全成分

グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス、

3-0-エチルアスコルビン酸、ビサボロール、

米糠抽出物加水分解液A、水溶性コラーゲン液-4、

ヒメフウロエキス、ヒアルロン酸Na-2、アセチル化

ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、

トレハロース、ステアロイルフィトスフィンゴシン、

濃グリセリン、トリメチルグリシン、エチルヘキサン酸

セチル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、

カルボキシビニルポリマー、水酸化K、キサンタンガム、

ジメチコン、天然ビタミンE、BG、1,2-ペンタンジオール、

フェノキシエタノール、香料、精製水

 

メルラインにはステロイドだけでなく合成香料・着色料・

鉱物油・石油系界面活性剤・パラベンなどの合成添加物も

一切使用されていません。

 

敏感肌の方でも安心して使用することができます。

 

メルラインの有効成分

グリチルリチン酸2K

漢方薬としてもしられる甘草(かんぞう)の根や茎から

抽出した成分でニキビケア化粧品によく含まれています。

 

抗炎症作用

グリチルリチン酸2Kは敏感肌用の化粧品にも良く

含まれている成分で、炎症を押さえる働きがあり

皮膚科でも使われています。

 

赤ニキビの炎症を抑え、ニキビができにくい肌へと

導いていれます。

 

抗アレルギー作用

アレルギー反応を抑える作用もあると

いわれています。

 

水溶性プラセンタエキス

プラセンタは胎盤から抽出した成分で美容・

アンチエイジングに効くと言われ、核酸関連物質や

アミノ酸、ミネラルなどを豊富に含んでいます。

 

水溶性プラセンタはプラセンタを水溶性にしてより

安定化し、肌に吸収されやすくした成分です。

 

細胞活性

細胞の呼吸が活発になることにより新陳代謝を

高めることができます。

 

新陳代謝が高まることで皮膚の血流を改善し、

溜まっていた老廃物の排出を促したり、

肌にはりツヤが生まれます。

 

美白

メラニン色素の排出を促したり、メラニン生成を

抑えることができます。

 

シミ・シワ・たるみを防ぐ

肌の真皮にあるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸

などを成長因子の働きで活性化し、生成を促します。

 

活性酸素を抑える

過度の活性酸素発生を抑えることで、活性酸素が

コラーゲンを破壊するのを防ぎ、酸化するのを

防ぎます。

 

※上記の2つの有効成分は医薬部外品で配合量が

決められているため、重篤な副作用は報告

されていません。

 

メルラインの有効成分はニキビにどう良いの?

メルラインに配合されている有効成分はニキビに

対して以下のような効果があります。

 

保湿作用

メルラインには10種類の保湿成分が配合されています。

 

特に分子の大きさが違うヒアルロン酸を3種類配合して

いるので、肌の表面から角質層まで広く潤いを届ける

ことができます。

 

中でもアセチル化ヒアルロン酸は「スーパーヒアルロン酸」

と呼ばれ、時給制や保湿力で通常のヒアルロン酸の2倍の

効果があると言われています。

 

抗炎症作用

メルラインに配合されているグリチルリチン酸2Kは

強力な消炎作用があり、急性および慢性の皮膚炎に

対して著しい効果が明らかにされているため医薬部外品の

有効成分にも対応しており、化粧品の場合は、

水に溶けやすいため主に化粧水や水溶性の美容液や

オールインワンゲルなどに配合されます。

 

敏感肌用や乾燥肌用など肌に刺激を与えない化粧品に

配合されていることが多いです。

 

美白作用

メルラインに配合されているプラセンタには線維芽細胞の

増殖を促す働きがあり、美肌成分の生成を助け、内側から

ハリと潤いが溢れ出る肌をサポートします。

 

肌のターンオーバーが促進すると、古い角質が剥がれ

やすくなるので、肌細胞が活性化して肌に張りが出ます。

 

さらにターンオーバーが整うことで、シミの元になる

メラニンも古い角質とともに肌の表面に押し上げられて

自然に消えやすくなり、ニキビ跡の美白などに繋がります。

 

デメリット

メルラインのデメリットは乾燥肌の方には保湿が

物足りない場合がある点です。

 

その場合メルラインに化粧水や乳液・クリームをプラス

して保湿力を上げるようにしてください。

 

メルラインはニキビケアの3つのポイント「保湿力」

「消炎作用」「美白効果」を完璧に満たしているため、

ニキビケアにピッタリの商品ということになります。

 

ルフィーナ

ルフィーナは無添加・低刺激にこだわった背中ニキビ・

黒ずみケア専用クリームです。

 

ルフィーナ アクネピュアスキンケアクリーム全成分

水溶性プラセンタエキス・グリチルリチン酸ジカリウム・

天然ビタミンE・セイヨウナシ果汁発酵液・カモミラエキス(1)・

酵母多糖体末・加水分解コラーゲン末・加水分解ヒアルロン酸・

シロキクラゲ多糖体・ゲットウ葉エキス・スターフルーツ葉エキス・

テンニンカ果実エキス・アマチャヅルエキス・

カルボキシビニルポリマー・1,3-ブチレングリコール・

キサンタンガム・ポリアクリル酸ナトリウム・濃グリセリン・

1,2-ペンタンジオール・トレハロース・トリメチルグリシン・

水酸化カリウム・2-エチルヘキサン酸セチル・

メチルポリシロキサン・モノステアリン酸ポリオキシエチレン

ソルビタン(20E.O.)・パルミチン酸レチノール・

トウモロコシ油・10-ヒドロキシデカン酸BG・

グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・

メタクリル酸ステアリル共重合体・水素添加大豆リン脂質・

ホップ末・トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル・

油溶性甘草エキス(2)・ジラウロイルグルタミン酸

リシンナトリウム液・ホエイ(2)・ラクトフェリン液・

フェノキシエタノール・無水エタノール・香料・精製水

 

有効成分:

水溶性プラセンタエキス・グリチルリチン酸ジカリウム

 

ルフィーナは合成香料、合成着色料、紫外線吸収剤、

鉱物油、パラベンは一切不使用なので、敏感肌の方でも

安心して使用することができます。

 

ルフィーナの有効成分はニキビに対してどのような効果があるの?

水溶性プラセンタエキス

水溶性プラセンタエキスは、浸透力に優れているので

ターンオーバーの促進や肌の活性化に効果的に作用する

成分です。

 

これにより、シミやシワ、たるみを防ぐことができ、

ニキビやニキビ跡も改善・予防することができます。

 

また、抗酸化作用もあるので大人の吹き出物にも

効果的に作用します。

 

副作用があるような成分ではありません。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

抗炎症作用に優れている成分です。ニキビの炎症を抑え

ニキビができにくい肌へと導きます。

 

敏感肌やアレルギー体質の方でも安心して使用でき、

副作用があるような成分ではありません。

 

ルフィーナは背中ニキビに特化して作られたクリーム

ですが、顔のニキビに使用することもできます。

 

有効成分に加えて保湿成分も豊富に配合されているので、

乾燥が原因の大人ニキビに効果的だといえます。

 

ルフィーナが気になる方はこちらの公式サイトを確認してみてくださいね

【ルフィーナ】

 

 

デメリット

ルフィーナは背中ニキビ専用のクリームです。

 

全身に使用することができますが、中には顔に使用する

のに抵抗がある方もいるようです。

 

結果

メルラインもルフィーナもニキビに効果的だといえます。

 

使用されている有効成分も同じなので、

効果も非常に似ていると思います。

 

値段を比較するとルフィーナの方が少し高額ですが、

定期コースで購入するとそれほど差はありません。

 

ルフィーナは背中ニキビ専用クリームなので、

(顔に使っても大丈夫だが)それが気になるという方は

メルラインの方が向いているかもしれません。

 

メルラインに関する関連記事はこちら

メルラインの口コミは怪しい?悪い評判や一ヶ月後の効果はどうなの

メルラインを最安値で購入できる通販は楽天?メルカリとかどうなの?

メルラインの解約方法はメールでOK?【購入前に知りたい】

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

・メルラインとルフィーナは有効成分が同じで

効果が非常に似ている。

 

・メルラインと比較するとルフィーナの方が少し

高額だが定期コースで購入するとそれほど差はない。

 

・ルフィーナは顔に使用しても大丈夫だが、

背中専用クリームなので、それが気になる方は

メルラインの方が向いている。

 

・どちらも肌へのデメリットなどはなく敏感肌の方

でも安心して使用することができる。